ホーム > 特別区(東京23区)について > 特別区基礎講座 > 歴史編 > 問08 平成10年(12年施行) 地方自治法改正で実現したのは?

更新日:2019年4月8日

ここから本文です。

とくべつクマ
特別区基礎講座

特別区は
どちら?

歴史編

08

平成
10年
(12年施行)
地方自治法改正で
実現したのは?

A特別区が基礎的な
自治体に復活

B特別区が普通地方
公共団体に

解説

基礎的な自治体復活

平成10年の地方自治法改正で、平成12年4月1日から特別区は基礎的な自治体に位置づけられました。

昭和27年に都の内部的団体になってから、約半世紀の自治権復権運動が実現しました。

第4次(都区)制度改革では、清掃事業の特別区への移管という大きな変更もありました。特別区は、区民に最も身近な基礎的な自治体として、区政を担っています。

第4次制度改革の主な改正点

  • 特別区が基礎的な自治体に復活
  • 自主性・自立性の強化(内部的団体の特例廃止、財政自主権強化)
  • 清掃事業、教育委員会の事務など移譲

平成12年 東京都 23特別区 (基礎的な自治体)

正解

A

特別区が基礎的な自治体に復活

お問い合わせ

所属課室:事業部調査研究課

東京都千代田区飯田橋3-5-1 東京区政会館

電話番号:03-5210-9783

ページの先頭へ戻る