ホーム > 特別区(東京23区)について > 特別区基礎講座 > 歴史編 > 問06 昭和39年 地方自治法改正で実現したのは?

更新日:2019年4月8日

ここから本文です。

とくべつクマ
特別区基礎講座

特別区は
どちら?

歴史編

06

昭和
39年
地方自治法改正で
実現したのは?

A福祉事務所など
事務権限の移譲

B区長公選制の復活

解説

区への大幅事務移譲

昭和39年の地方自治法改正では、第2次(都区)制度改革が実施されました。福祉事務所など事務権限の大幅な移譲と財源の確保などが盛り込まれました。

しかし、都の内部的団体であることには変わりなく、区長公選制の復活も実現しませんでした。

第2次制度改革の主な改正点

  • 福祉事務所の事務など事務権限の大幅移譲
  • 地方税法による課税権の法定化
  • 都区協議会の法定化

昭和39年 東京都 23特別区 (都の内部的団体)

正解

A

福祉事務所など事務権限の移譲

お問い合わせ

所属課室:事業部調査研究課

東京都千代田区飯田橋3-5-1 東京区政会館

電話番号:03-5210-9783

ページの先頭へ戻る