ホーム > 特別区(東京23区)について > 特別区基礎講座 > 歴史編 > 問07 昭和49年 地方自治法改正で実現したのは?

更新日:2019年4月8日

ここから本文です。

とくべつクマ
特別区基礎講座

特別区は
どちら?

歴史編

07

昭和
49年
地方自治法改正で
実現したのは?

A区長公選制の復活

B特別区が基礎的な
自治体に復活

解説

区長公選制復活

昭和49年の地方自治法改正で、区長公選制が復活します。また、都配属職員制度が廃止され人事権が確立します。事務配分は都の特例規定がない限り市と同等となります。さらに保健所設置市の事務が移譲されました。

この第3次(都区)制度改革では、特別区に一般市とほぼ同等の権限が与えられました。しかし、法律上は、特別区は都の内部的団体のままでした。

第3次制度改革の主な改正点

  • 区長公選制の復活
  • 都配属職員制度の廃止
  • 事務配分は市とほぼ同等
  • 保健所設置市の事務などの事務移譲

昭和49年 東京都 23特別区 (都の内部的団体)

正解

A

区長公選制の復活

お問い合わせ

所属課室:事業部調査研究課

東京都千代田区飯田橋3-5-1 東京区政会館

電話番号:03-5210-9783

ページの先頭へ戻る