ホーム > 特別区(東京23区)について > 特別区基礎講座 > 歴史編 > 問03 昭和18年 東京府と東京市が廃止され出来たのは?

更新日:2019年4月8日

ここから本文です。

とくべつクマ
特別区基礎講座

特別区は
どちら?

歴史編

03

昭和
18年
東京府と東京市が
廃止され出来たのは?

A東京都

B東京県

解説

都の「区」へ

太平洋戦争のさなかの、昭和18年に戦時体制としての東京都制が始まります。

東京府と東京市は廃止され、国家体制の整備のために東京都が誕生します

東京市にあった35区は、そのまま区域と名称を引き継ぎます。

35区は、東京都の下級行政組織になりますが、法人とされます。

公選の区会が置かれ、都から事務移譲がされ課税権を認めるなど、下級行政組織でありながら自治体とする変則的な制度でした。

昭和18年 東京都 35区 (都の下級行政組織)

正解

A

東京都

お問い合わせ

所属課室:事業部調査研究課

東京都千代田区飯田橋3-5-1 東京区政会館

電話番号:03-5210-9783

ページの先頭へ戻る