ホーム > 所蔵資料・統計データ > これ何の数字 > これ、なんの数字??22.4%

更新日:2019年4月5日

ここから本文です。

これ、なんの数字??22.4%

特別区に関するトピックを数字から紹介する、これ、なんの数字??

22.4%は、平成27年国勢調査による特別区の高齢化率(抽出速報値)です。

高齢化率01

特別区の高齢化率

特別区の高齢化率は21%を超えて、ついに超高齢社会(※)へと突入しました。他の世代では、年少人口の構成比は、10.8%で横ばいとなった一方、生産年齢人口の構成比は、66.8%と減少する結果となりました。

近年、生産年齢人口の構成比は減少、老年人口の構成比(高齢化率)は増加の一途をたどっています。

今後の予測

では、今後の予測はどうなるでしょうか。

平成27年国勢調査の抽出速報値によると、特別区の10歳から14歳までの人口(次回調査時に生産年齢人口になる世代)は31万2千人、一方で、60歳から64歳までの人口(次回調査時に老年人口になる世代)は49万3千人となっています。人口の構成比の変動は、この他にも合計特殊出生率、人口移動等が影響しますが、この二つの数値だけをみると、今後も特別区における高齢化率の上昇は進んでいくと考えられます。

  • 高齢化率による分類…7%以上14%未満を「高齢化社会」、14%以上21%未満を「高齢社会」、21%以上を「超高齢社会」とされている。

お問い合わせ

所属課室:事業部調査研究課

電話番号:03-5210-9783

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る