HOME  >  特別区制度に関連する刊行物

刊行物

特別区制度に関連する刊行物

東京23区 自治権拡充運動と「首都行政制度の構想」
~基礎的地方公共団体への道~

23区の基礎的地方公共団体への道のりを跡づけ、集権体制の都区制度から特別区重視の仕組みへの転換を求める自治権拡充運動の歴史

大森 彌 監修  公益財団法人特別区協議会 編  平成22年7月発行

日本評論社  176ページ  2,625円(特別区自治情報・交流センター及び全国の書店で販売)

「都の区」の制度廃止と「基礎自治体連合」の構想(第二次特別区制度調査会報告)

平成19年12月発行 22ページ 170円(特別区自治情報・交流センターで有償頒布)

東京における新たな自治制度を目指して(第1次特別区制度調査会報告)

平成17年12月発行 93ページ 320円(特別区自治情報・交流センターで有償頒布)

平成12年都区制度改革の記録

平成13年3月発行 1,338ページ 1,800円(特別区自治情報・交流センターで有償頒布)

平成10年改正に至る「考え方の変遷」

「特例」市の構想(S56.8.26)から都区制度改革実施大綱(H12.3.28)までの考え方の変遷
平成15年11月発行 138ページ 920円(特別区自治情報・交流センターで有償頒布)

「特別区」事務の変遷  -都区制度改革入門-

特別区の事務事業ごとに、それぞれの権限拡充のあゆみを明らかにする
平成9年3月発行 196ページ 1,770円(特別区自治情報・交流センターで有償頒布)

区制関係沿革法令集《改訂版》

明治11年布告の郡区町村編制法をはじめとして、特別区制度を形成してきた関係法令を制定年次順に収録
平成12年3月発行 1,095ページ 3,860円(特別区自治情報・交流センターで有償頒布)

特別区自治情報・交流センター
電話番号:03-5210-9051