HOME  >  講演会  >  過去の開催状況  >  26.10.09・10.28 「自治体職員に必要な政策形成入門セミナー(発展編)」を開催

講演会・イベント・企画展示

講演会 平成26年度実施状況

26.10.09・10.28
「自治体職員に必要な政策形成入門セミナー(発展編)」を開催

【講師】
第1回(10月9日)
「自治体政策法務の理論と実践」
首都大学東京都市政策コース
奥 真美 教授
第2回(10月28日)
「政策評価の現状と今日的課題」
首都大学東京都市政策コース
朝日 ちさと 准教授
参加人数
第1回 16名
第2回 20名

 平成26年10月9日及び10月28日に、東京区政会館3階において、「自治体職員に必要な政策形成入門セミナー」を開催しました。

 このセミナーは首都大学東京 都市政策コースの教授陣を講師としてお迎えし、自治体職員に必須な政策形成の知識を学ぶ講座です。

 今回は7月に実施した基礎編で学んだ政策形成の手法をベースとして、第1回では政策法務を、また、第2回では政策評価をテーマに演習を交えた講義により、実践的な政策形成能力の獲得をめざしました。

 第1回は、「自治体政策法務の理論と実践」として、政策法務に関する理論的理解を深めるために、政策と法の関係、政策法務の概念と自治体法務における位置づけ、政策法務実践の系譜、地方分権改革の流れと成果、政策法務の基本構造とマネジメントサイクル、政策法務の構成要素等について学びました。

 第2回は、「政策評価の現状と今日的課題」として、行財政改革や住民の多様な価値観といった今日的な都市政策環境における政策評価の役割を「アカウンタビリティ(説明責任)」の観点からとらえ、評価の制度・手法・事例を学びました。

 参加された方々からは

  • 他自治体の施策や、どの自治体も似たような問題、課題を抱えていることなど、グループワークを通じて知ることができて良かった。
  • 自治体独自の政策を推進していくうえで重要な法政策は難しい分野であるが、もっと学ぶ必要があると再認識した。
  • 票性評価・政策評価のこれまでの流れや現在の動向が良くわかった。特に成果指標の見直しについては、今後仕事で活用できると思った。

 などの感想をいただきました。

事業部事業推進課
電話番号:03-5210-9079