HOME  >  特別区協議会の概要

特別区協議会

特別区協議会の概要

目的

自治に関する調査研究及び普及啓発、東京区政会館の管理運営、特別区の事務事業の支援に関する事業を行い、特別区の連携及び円滑な自治の運営とその発展に寄与することを目的とする。

設立

昭和22年5月1日特別区協議会(任意団体)として発足し、昭和26年3月29日東京都知事の許可を得て財団法人特別区協議会となりました。
平成22年3月23日付で公益財団法人への移行が東京都知事により認定され、同年4月1日の移行登記をもって「公益財団法人特別区協議会」に移行しました。

機構

会議

  • 評議員会 評議員16人、理事長、監事2人で構成する。
  • 理事会 理事7人、監事2人で構成する。

役員及び職員

組織図(平成27年4月1日現在)